スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンクなカメラ ニコン COOLPIX 5200

この頃ほとんどカメラの話ばかり。
もともとケータイ関連のはずだったのですが。

ケータイカメラのCMOS単焦点だと
どうしても写りに不満があるので、やっぱりカメラは単独のほうがよいかと。

さーて、今回のカメラはというと…

NIKON COOLPIX 5200

某店舗のジャンクカゴから拾ってきた、NIKONのクールピクス5200です。
このアングルでは分かりづらいですが、電池部分のフタが壊れていて締りがよくありません。

さて、もともとジャンク品ということ期待してませんでしたが、
電池を充電してセットすると、どうやら完全に動作するみたいです。

動作します

うーん、液晶画面がとても小さいですねえ。1.5型で11万画素ですか。
画面は小さいんですが、ドットは細かいのでキレイに見えますね。
今更510万画素、3倍ズームという物足りなさはありますが、
そこそこ必要な機能が付いているので、現役でも使えないことはなさそう。

シャッター周り

シャッター周りにモードダイヤルを配置しているパターン。
このほうが使いやすいです。できればズームもシャッター付近にあるといいのになあ。

最近のデジカメは海外製が圧倒的に多いのですが、

MADE IN JAPAN

発売当時(2004年)は、MADE IN JAPANだったようです。
写真右側が電池フタなんですが、うまく閉まらずに、開いてますね。

ファインダーも付いてる

そして、今のモデルにはほとんど無い、ファインダーが付いています。
でも実際の写り位置とはズレているので、ライブビューしか使わないでしょうね。

さて、写りはどんな感じでしょうか?

晴天時に外を撮影
f/2.8 1/470秒 WB:オート ISO64 FL=38mm

室内でμ7020を撮影
f/2.8 1/17秒 WB:オート ISO64 FL=38mm

うーん、全体的に寂しい発色ですね。なんとなく写りが古臭い感じ。
ある意味、見た目に忠実な発色なんでしょうかね。
とはいえ、今でも充分使えるレベルで、用途によっては使い道がありそう。

ちょっと驚きなのが、ビデオ撮影が640x480(VGA)で30fpsなところ。
いまやHDやフルHDが全盛ですが、DVD焼きや編集時のPCスペックを考えると、これで充分。
捨てるのも勿体無いので、たまに使うのもいいでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。