スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NIKON D60を買ってしまいました。

そんなに高額というわけでもないけれど
当ブログ「低価格LAB.」にしては珍しく
高価な買い物をしたってわけさです。

NIKON D60 ダブルズームキット

NIKON D60 ダブルズームキット!!

そうです。型落ちの一眼レフデジカメ+レンズ×2です。
もちろん、新品や新古品を買うはずもなく、中古品です。
そして、入手経路は例によって、オクからです。

見た目はとーーーってもキレイなんですが
外箱とか説明書とか付属のCDとかは付いてません。
とはいえ、外箱はどうせ捨てちゃうし、
説明書や付属CDの中身はサイトからダウンロードできるので必要ないけどね。

お値段はというと、総額でおよそ、さんまんごせんえん也。
うーん、高いんだか安いんだか。

中古で購入した際、気になるのは、カメラの使用頻度なわけで、
シャッターの耐用回数とか
Exifを解析するソフトなどで見ることができます。
まずは1枚撮影して、そのExifデータに記録されている総レリーズ回数を見ればよいわけです。

ということで、見てみると…
総レリーズ回数、938回。

自分の場合、2年前に購入したコンデジ、Panasonic DMC-FX100の累計が14,000ショットくらいなので
月に500ショットとして2ヶ月分くらい。
これだと、ほとんど使用していないのと一緒。新品同様と言ってもいいでしょうね。

シャッターの耐用が30,000回~50,000回と言われていますが、
自分のペースだと、今までのコンデジのように使っていてもあと4年はもつ計算。
その頃には別の機種に換えているだろうなあ。

と言うわけで、試しに撮ってみましたよ。

試し撮り NIKON D60 1/60秒 F5.6 ISO200

ズームレンズなので、どうしてもF値は高めだから
夜の室内電灯では光量が不足気味。
とはいえ、コンデジと違って、キレイな絵になりますねえ。
ボケも出てますし、鍵盤の上にホコリが付いているところまで再現してます。

VRレンズなので、三脚でなく手持ちで撮影してもちゃんと撮れます。
どうしても手振れ防止だけはこだわったんですよね。

でも、昼間だといいんですが、夜の室内で、動く被写体を撮るのには向かないですね。
ここは思い切って明るい単焦点レンズを買うべきか!?

CANONみたいに新品でも1万円以下のお気軽50mm F1.4なレンズがあればよいのですが、
NIKKORの50mm F1.4で新品だと50,000円くらいしてますね…(ToT)
今回購入したD60 ダブルズームキットより高いがな~!!

低価格LABとしては、オールドニッコールでも探そうかな。
古い単焦点なら、F1.4クラスでも、たぶん5千円あれば美品が手に入るハズ。
実力向上も兼ねて考えれば、マニュアル単焦点もいいですよね。

D60やD40、D5000や3000は、AF-Sレンズ以外はマニュアルになります。
ややこしいので、旧レンズはすべてマニュアル対応だと思えばよいわけですね。
スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 一眼レフ

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。