スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジカメ Panasonic DMC-FX100 を分解してみた。

パナソニックのデジカメ(コンデジ)、ルミックスDMC-FX100を分解清掃してみました。

 《分解清掃前の症状》
 撮影すると、カゲのようなものが写るようになってしまいました。
 最初は気にならなかったのですが、どんどん目立つようになってきました。
 レンズを拭いて撮影しても、やはり同じ位置にカゲが写っています。

 だめぽ

 
これは、ほとんどの確率で、レンズ内部(CCD部分)にゴミが付いているときの症状です。
しかし、簡単にレンズは外せないようになっているので、
100円ショップで売っているような「小型ドライバー」を使って軽く分解してみます。

!注意!
分解の際は、ネジの紛失に注意しましょう。
同じ径のものでも長いネジや短いネジがあるので、どの場所にどのネジがあるのか憶えておきましょう。
これ以上はムリ!と思ったらすぐに諦めて元に戻しましょう。
分解は、あくまでも自己責任で。

さて、やってみると意外に簡単なものです。
表面カバーと裏面カバーは、ネジを外せば簡単に外せます。

表のカバーを外す

ウラのカバーも外す

配線部分を傷つけないように気をつけながら、
CCDユニット裏のカバーを外します。
三脚用の金具を無くさないように気をつけましょう。

ユニットを外す

次にCCDユニット部分を取り外します。
W100と書かれている部分のネジを外します。
上面の操作ユニット部分は引くと簡単に外れるので、無くさないように外しておきます。

あと少し

もう到達したも同然です。
あとは、周囲の配線部分に気をつけて
W100の部分をぺらっとめくれば、CCDユニットのお目見えです!!

CCDユニットに到達

写真では分かりづらいですが、
よーく見ると、小さなゴミが付着しています。
コレがカゲ写りの原因です。
ココをキレイに清掃すればOK。

汚れが付いてます

汚れをキレイに拭き取ったあとは、
外した箇所を元に戻します。
戻す際には、きちんとネジの位置を間違えないように気をつけましょう。
あと、外したパーツはきちんと元の位置にはめておきましょう。

自分の場合、元に戻す際に、SDカードと充電池を入れる部分のフタのバネを固定し忘れて
なんとも閉まりのよくない(というよりは開きのよくない)フタになってしまったので
もう一度カバーを外して、やり直しました。
それも含めて、おおよそ15分程度の作業でした。

 《分解清掃後の状態》
 試しに撮影してみましたが、カゲの写りもキレイになくなっていて、
 まったく問題なく使えるようになりました♪♪♪

これを修理に出すと1万円くらいかかるそうですし、
新品のものに買い換えると2万円前後しますので
思い切り元が取れますね!!
スポンサーサイト

テーマ : デジタル家電・AV機器 - ジャンル : 趣味・実用

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。