携帯について語ってみる

旧機種を楽しもう!と思っていましたが、
案外あっさり挫折しかかってます。

最近感じていることは、
…携帯電話はやっぱり「電話」である
ということ。

多機能になって、便利になって
ハイテクになって、高性能になって
とても有効なツールだと思いきや、
実は「相手」がいないと楽しくないツールなのだと感じてます。

なぜ携帯電話を使うのか?というと
メールであったり、携帯サイトであったり、クーポンであったり、オサイフであったりと
人によってそれぞれ違うのだと思いますが、ある意味自分の分身…と感じたりもします。

とはいえ、携帯電話はコミュニケーションツール。
自分以外の誰かがいないと成り立たないツール。

使う手段が「話す」が「見る」や「打つ」に変わっているだけで
それは「電話」とまるで同じ。

携帯電話は「電話」を中心とした双方向アイテムですね。
したがって…

・友人が少ない人は 携帯電話を重宝しない
・一人でいるのが好きな人は 携帯電話を重宝しない

といえるのではないでしょうか。

え? 一人で携帯いじっている人もいるって?

そういう人は一人でいるのが好きなんじゃなくて、
本当は誰かと一緒に居たい気持ちの表れだと思ってます。

うーーん、あまり面白みのない文章になっちゃったな~。
スポンサーサイト

テーマ : 携帯電話 - ジャンル : 携帯電話・PHS

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する