スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコなラベル、シール

なんだか左目にものもらいのようなものが出来て
違和感を感じてしまう今日この頃。

今年は、なにかと激動の年でしたね。
自民党政権から民主党政権へ変わり、
事業仕分けだとか、予算削減だとか、何かと話題が多かったと思います。

中でも注目すべき点は「環境への取り組み」ですね。
CO2排出量削減25%の目標を掲げて、国家的に取り組もうとしています。
地球環境への配慮を考えると、これは本気で取り組まなければならない問題ですね。

環境問題というと、「京都議定書」が真っ先に思いつくのですが、
その京都に興味深い製品を作っている企業があるそうです。

剥離紙の出ないラベルを製造する「京都インターナショナル」さんです。

画像が貼れないので、うまく説明しづらいのですが、
通常ラベルやシールというと、剥離紙と呼ばれる台紙があって、その上にシールが付いてますよね。
「京都インターナショナル」さんのLANBELという商品は、
ラベル・シールがちょっとずつズレた状態でロール状に巻かれています。

う~ん、こういうの、見た事ないですね。
剥離紙を使わない分、環境にやさしい、ということだそうです。
自身も子供がいるのですが、子供の未来のためにも、地球環境への配慮は必要ですね!
スポンサーサイト

テーマ : ビジネス - ジャンル : ビジネス

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。