スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

147円の至福

こんばんは!
久しぶりにこちらに書きます。

ところでみなさん、筆記用具は何を使っていますか?

私は仕事柄、ボールペンを使うことが多いのですが、
試験勉強などを行うときには、もっぱら鉛筆を愛用しています。

以前はシャープペンを使っていたのですが
試験のとき、マークシートを塗りつぶすのには
あまり適していないようなので、
マークシート用シャープペンやロケット鉛筆なども試してみましたが
最終的には鉛筆に落ち着きました。

鉛筆というと昔は運動会のときに貰ったりとかしていましたが
今でも同じなんでしょうか?
それはさておき、鉛筆にもいろいろな種類のものがあります。

鉛筆いろいろ

見覚えのあるものばかりですね。
上から、ハイユニ(Hi-uni)、ユニ(uni)、ユニ★スター(uni★star)、9000、9800で、すべて三菱鉛筆です。
下の2つはあまりに有名ですね。

さてさて、この鉛筆たち、それぞれ1本あたりの値段がかなり違います。
写真一番下「9800」は、100円ショップで4本入りで売ってたりしますので、1本あたり約26円くらいですが、
写真一番上「ハイユニ(Hi-uni)」はなんと1本あたり147円します。
1本でおよそ6本分の値段ですね。
そう考えるととてもお高い商品なのですが、そうは言っても147円。すぐに手が出せる金額ですね。

では果たして実際に価格ほどの差がこの鉛筆たちにはあるのでしょうか?
実際に書き比べて試してみましたが、
少しの字を書くくらいであれば、さほど大きな差は感じません。

しかし、ほんのわずかな感覚の差かも知れませんが、
多くの字を書くときや、試験本番などで焦っているときなど
この少しの差をとても大きく感じる事があります。
こんな時、147円で感じられる高級感。なんだか得した気分になります。

この「ハイユニ(Hi-uni)」の特長はというと
・抵抗が少なく、書き心地が良い
・芯が折れにくい
・周囲が汚れにくく、消しやすい
といったところでしょうか。

ちなみに、硬度は10H~10Bまで22種類あります。
それぞれの種類が1本ずつ揃った「ハイユニ アートセット」といったものもあります。

ハイユニ アートセット

10Hや10Bってどうなんでしょうね!?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。